2022年09月17日

選歌投票結果の発表

皆様
この度は私のミスで発表が遅くなり大変にご迷惑、ご心配をお掛け致しました。
申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう気をつけます。

かりんネット歌会 中山洋祐
ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ー−−

お待たせしました、投票数の発表です。
ここからコメント期間に突入です!

     詠草一覧(カッコ内は直前の語のふりがなです)
1今年米供う父の忌空を縫う鳥黒々と飛行するなり 3票
2彼岸には半殺しぢやとおばば言ふ餅米潰せと鉢を持たされ 7票
3父のため一握りの米を粥して心はのこし職場に急ぐ 5票
4闇米で金を儲けた森君のおやじのクーペが爆走した日 5票
5田の畦を跳ぬる稲子を味見して今年の米の出来栄えをみる 8票
6一粒ずつ一粒ずつ米食べてみよ生きててよかったとう味がする 4票
7まんまんと水をもらって育ちゆく米はまことに水の精なり 6票
8研ぐ米にあたらしき水そそがれてたちまち濁る初心のごとく 7票
9米作は年貢のためで食するは雑穀なりし産土の地よ 2票
10米作り田を守りしも病身の義兄は稲穂を寂しく見つむ 3票
11アレルギーに仕出しのおかず食べられず塩もて白米押して頂きぬ 2票
12無洗米のような若者あつめられ上司にゆるく濯がれている10票
13SDGsという言葉がすぐに浮かぶいま二人で余す一合の米 3票
14米一合買えばおまけに一掴み一人暮らしの初飯硬し 3票
15初めての歌会に出で評受くる米川さんより結句弱しと 1票
16米粒に群がる小さき雀子を雉鳩二羽が見守っている 5票
17半島を頂くゴルビーやはらかな目尻に解きぬ米ソのこぶし 4票
18青の統べる部屋で玩具の恐竜と見つめあふ夜を久留米に泊りぬ 2票
19コンビニのツナマヨおにぎりほおばって米のなる木をまだ知らぬ子ら 1票
20裏返すたびに弾ける虫の音米咬むように繰り返し聴く 3票
21米原を越ゆるあたりに見し雪が恋の記憶のすべてなりたり 9票
22米軍の飛行機の音が過ぐるまで無言で阿弥陀如来像座す 8票
23詩のように言ってくれたらいいのにな「北米の木の話をしよう」 6票
24#ハッシュタグ※米印や☆星つけて♭フラットにしてコスパなことば 1票
25冗談に見えても実に彼らふう「愛を米て」も「びじゅチューン!」も 1票
26たいせつに本音は米櫃の底へ埋め長月のむしの声に涙す 4票
27精米を終えて倉庫に夜を眠る新潟小国の秋の深まり 8票
28雀にはあらで烏の降り来たり神棚の米盛りたる塀に 4票
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(0) | 選歌票数結果

2022年08月18日

選歌投票結果の発表

お待たせしました、投票数の発表です。
ここからコメント期間に突入です!

1   8票 土用波打ち寄す浜にたどり着く七夕祭の夢のしかばね
2   4票 初音ミク午前零時に家を発つ月夜の祭り非公開なり
3   0票 街祭りいろはモミジの日に映えて造花と言えど心浮き立つ
4   1票 にぎやかな祭りのあとのさみしさを思へばハワイに旅したくなし
5   8票 金魚ぽつりあぶくを吐いて水の底せんそう未満の祭りのあとに
6  10票 いつぽんの槐(アカシア)に花咲き花散りてわたくしだけの祭りが終はる
7   2票 外出を自粛の我が身に聞こえくるねぶた祭の囃子は遠い
8   2票 後の祭りの後始末のため黙々とはたらく影を通り過ぎたり
9   7票 語りうる者みなとおき葬祭の炉中にひらくあかき口あり
10  2票 寂寞を乱さぬままに群舞せり蝶の祭りや菜の花畑
11  5票 真夜もなほドンキホーテの店内は異国の祭りのごとき極彩
12  2票 留守中の家を焼かれたおじさんはあとの祭りと空を見上げる
13  3票 弾丸(たま)尽きて椰子にもたれる密林に祭囃子の遠くに聞こゆ
14  4票 歌会の意見飛び交うそのさなか祭太鼓の口出しを聞く
15  1票 祭壇の写真のきみのあの笑顔ああ、もう一度会ひたかつたよ
16 10票 お客さま大感謝祭半額セール対象外商品のように生く
17  5票 不都合はさくっと切り捨て決行すコロナ禍戦禍の平和の祭典
18  0票 打撲した足指腫れてコロナ祭かかとで歩く過去へ過去へと
19  0票 文化祭「平和」の書の字ゆれている子らの墨の線キーウを想う
20  5票 Zoomから抜け出た時の感覚は祭のあとの寂しさに似て
21  1票 松坂屋7階祭事場フロア弱冷房に祝詞のふるえ
22  3票 熱中症警戒アラート響む地に間引かれゐるか蝉の祭典
23  9票 祭りだとかけ声あげる上司いて繁忙時へと入りゆくオフィス
24  1票 祭りのこと分からないというアトムの眼は毎朝5時に祝祭的に開く
25  4票 知らずいた後の祭りか噎せながら桃は自重に傷みはじめる
26  3票 子でありし目にも生肉の赤裸々さ祭り露店の大人の序列
27 10票 ベニヤ板匂へば背なの蘇る学園祭の虹を引く刷毛
28  5票 葬祭場の十人の席に空き目立ち「刷け雲きれい」と伝へ帰り来
posted by かりんネット歌会 at 20:32| 選歌票数結果