2022年05月18日

13〜15番の歌

13〜15番の歌にコメントお願いします。

13 葉書では足らぬ手紙を書きなおす便箋用のひな形にして 
14 おにぎりの形は丸や三角があるけどみんな母のハートだ 
15 藍に咲くヤグルマギクの相似形愛の矢放て全方位へと
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(2) | 詠草

22〜25番の歌

22〜25番の歌にコメントお願いします。

22 形から入る悪癖求愛の鳩のダンスを凝視しており 
23 肌と肌  グリーンランドの氷床の形くずれゆく薄暮の時間
24 人道と非人道の間(ま)に原形を留めぬ生活(たつき)と命積みゆく
25 ちさき手の裂きしカードはふるへをる心の形ひらがなの散る
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(2) | 詠草

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントお願いします。

19 恐ろしい形相をして仏とう鬼ではないか 人には〈鬼〉を 
20 心にも形状記憶あるならばみどりの森の白高き朴
21 山形の人間将棋の駒達は自分の意志で動けざりけ
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(2) | 詠草

16〜18番の歌

16〜18番の歌にコメントお願いします。

16 夕映えの石塀わたる兄弟の生身をよぎるすべての樹形 
17 形容詞要らぬ事実(ファクト)で答えよと苛む長(おさ)に吾(あ)もなりぬ
   とや                     
18 三十一文字の器形(うつわ)となれる魂に不可思議の影ゆうらりよぎる
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(1) | 詠草

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

10 銭形のとっつぁん昭和ヒトケタで「ごらぁっ」と独り荒野を駆ける
11 この世では叶わぬものを恋という翁の言えば愛も形無し 
12 焼かれゆくピザのチーズは何に似て形を失くすかたちあるもの
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(3) | 詠草

7〜9番の歌

7〜9番の歌にコメントお願いします。

7 通院の予定立て込み調整に手帳活躍思わぬ形で 
8 どのような形容詞でも現せない桜が光り一斉に散る 
9 受け入れて楽しむ我らのためにあるいろんな色や形のマスク
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(3) | 詠草

4〜6番の歌

4〜6番の歌にコメントお願いします。

4 義姉逝きし「使ってくれ」と兄の言い形見の皿もみととせ過ぎる 
5 いもうとの人形遊びのおかあさん演じていつも母をまってた 
6 銀の杖白髪なびかせ<ロケン・ロール>裕也は生きた不良の形(かた)を
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(4) | 詠草

1〜3番の歌

1〜3番の歌にコメントお願いします。

1 形から抜け出たひとが風となり夜な夜な集う三角公園 
2 しばらくは距離をおきたい人のことこころの形がうまく見えない 
3 うつくしき形顕す花々の生命(いのち)描かむ蝶を友とし
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(5) | 詠草

2022年04月18日

1〜3番の歌

1〜3番の歌にコメントお願いします。

 1 マスクするメガネが曇り前見えぬ「曇り止めする」と張り紙をした

 2 美しい人の裏切る眼差しを羨しく見ている関ケ原にて

 3 見えぬとは見ようとせずに済ますことしかと見るべし人の仕業を


posted by かりんネット歌会 at 21:26| Comment(5) | 詠草

4〜6番の歌

4〜6番の歌にコメントお願いします。

 4 寝たきりの母を見舞いに来てくれし人またひとり先に旅立つ

 5 見えにくく聞こえにくくも老いの身に河口のように時は流れぬ

 6 大楠の枝葉の間に見える空 戦さの記憶消したよと父


posted by かりんネット歌会 at 21:25| Comment(10) | 詠草

7〜9番の歌

7〜9番の歌にコメントお願いします。

 7 見ぬうちに値上げ値上げの続きをり給与据ゑ置き頭あがらず

 8 見るだけに使っていたが僕の目は何か語るや妻が笑みをり

 9 それぞれの眼玉が別の馬を見るものとして馬駆け抜けてゆく


posted by かりんネット歌会 at 21:24| Comment(8) | 詠草

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

 10 白バイが見張っていること思いだすスピード出やすきこの道の先

 11 蜘蛛の巣に力尽きつつ空を見る蝿の脳にも神は点るか

 12 戦争を見ているカメラで戦争を観ている春のけぶりのにおい


posted by かりんネット歌会 at 21:23| Comment(7) | 詠草

13〜15番の歌

13〜15番の歌にコメントお願いします。

 13 春の辺に物見櫓は立てられて手庇に降る灰の白さよ

 14 組合の歓迎コンパに沖縄を熱く語れり未来は明るく見えた

 15 しぶき浴び母が帷へ手をのばす裏見の滝は彼岸と此岸


posted by かりんネット歌会 at 21:23| Comment(1) | 詠草