2018年02月13日

詠草一覧・作者発表

1  わが頬をやさしくなでてゆく君の赤毛のしっぽ思いだす朝   橘 まゆ  
2  後期高齢通知その(一)汝はもう奔馬のごとく生きてはならまじ   浅野 裕之  
3  めでたくももの言わず暮れ正月の独りぼっちの月は明るい   梅原 秀敏  
4  貧しさは富となるべし虚ろなる目を照らされる聖誕前夜   辻田 裕美  
5  「聖地」とか「巡礼」とか軽々と言っちゃうボクらのハッピークリスマス   東 洋子 
6  十か月経りきし父の退院日、今年最初の雨音をきく   安永 有希  
7  たあたたん落つる雫の音絶えず静かな静かな雪溶け始め   大石 友子  
8  耐えきれぬ 今のままでは耐えきれぬ その独善的で虚ろなる存在   龍の涙  
9  湯舟に聞く雨音かなし地に眠る母の聞いてる音かもしれず   江國 梓  
10 門松を外せる寒き夜にして 松がとれるという言葉良き   徳力 聖也  
11 来たる年耳順迎ふる年女ハチ公さながら聞く耳持たむ   円藤 ひとみ  
12 うつし世にとべない鳥は見あたらず人間だけがあきらめてゐる   宮崎 浩  
13 場違いな自分をいつしか忘れたりオペラグラスに竹原ピストル   光野 律子  
14 寒暖をふかく味わうお年玉切手シートと節分の間   久山 倫代
15 若死にの中将姫がつとのぞく鉢水にのびる蓮の葉影に   平井 啓子  
16 うさぎの名賛成多数で「ゆきちゃん」に忖度はなし収賄もなし   岩本 幸久  
17 皮膚呼吸できぬ火傷のような瞳で子どもをあやすロヒンギャの母   谷川 保子  
18 過ぎゆくはまたもひとつの一里塚あせること無しゆるり参ろう   五十嵐 満  
19 空蟬にひかりを溜めてまた零すやうな願ひを掬ぶ幾たびも   遠 音  
20 歌会用の一首が見つけためでたさは雪降るなかに浮かんだ初日   北辺 史郎  
21 黄金の光を浴びて市場から戻る小舟を待つ犬がいる   田中 亜紀子  
22 こんな僕ではなかつたなどと綴る日の空に耀ふスーパームーン   吉岡 健児  
23 鰈炊けば生々とした怒り去り母も静かに身をほぐしおり   遠藤 由季  
24 西行の初夢に出で我に問ふ「私は右に行くけど君は?」   夏目 たかし  
25 <麦わらの一味>は冒険しをるらむ自死をせし子の本棚の中   島本 千代子  
26 夕焼けをとじ込めている抽出に亀がなく日はかくれていたい   檜垣 実生  
27 ひさかたのクラウドに預けたる花を花の写真をかへしてほしい   鹿取 未放  
28 塩飛ばし刀振り回し酒散らしようやく魔の去るリングのお祓い   松坂 わかこ  
29 銅(あかがね)の柿の葉落ちて寒々と友のとほさの見えて来(きた)る日   浅野 祥子  
30 チューバッカのソックス履きたる男あり わが麦わら帽の消えて久しも   刀根 卓代  
31 生たまご床へと落ちて二秒半〈一時停止〉を神に押されて 割れた   平山 繁美  
32 おもてうら描いて隠して何処にもないホワイトボードを探してゐます   若槻 真美子  
33 ふくれっ面の餅をなだめて押さえつつ改憲論議を背中に聞きぬ   愛川 弘文  

posted by かりんネット歌会 at 10:32| 詠草一覧

2018年01月16日

戌年新年歌会 詠草一覧

かりん四十周年にあたる新しい年が始まっております。
今年も元気に楽しく参りましょう。 個性豊かな33首が出そろいました。
今回は選歌投票はあとにして、さっそく各歌の鑑賞と評を先に行います。作者名一覧も後にします。
ご自分の一読選歌をメモしておいて、批評をしたり他の方の評を読んだ後の選歌と比べてみては如何でしょうか。 各歌の批評書き込みは今晩以降の記事から行なっていただきます。

詠草一覧 
1  わが頬をやさしくなでてゆく君の赤毛のしっぽ思いだす朝  
2  後期高齢通知その(一)汝はもう奔馬のごとく生きてはならまじ  
3  めでたくももの言わず暮れ正月の独りぼっちの月は明るい  
4  貧しさは富となるべし虚ろなる目を照らされる聖誕前夜  
5  「聖地」とか「巡礼」とか軽々と言っちゃうボクらのハッピークリスマス 
6  十か月経りきし父の退院日、今年最初の雨音をきく  
7  たあたたん落つる雫の音絶えず静かな静かな雪溶け始め  
8  耐えきれぬ 今のままでは耐えきれぬ その独善的で虚ろなる存在  
9  湯舟に聞く雨音かなし地に眠る母の聞いてる音かもしれず  
10 門松を外せる寒き夜にして 松がとれるという言葉良き  
11 来たる年耳順迎ふる年女ハチ公さながら聞く耳持たむ  
12 うつし世にとべない鳥は見あたらず人間だけがあきらめてゐる  
13 場違いな自分をいつしか忘れたりオペラグラスに竹原ピストル  
14 寒暖をふかく味わうお年玉切手シートと節分の間  
15 若死にの中将姫がつとのぞく鉢水にのびる蓮の葉影に  
16 うさぎの名賛成多数で「ゆきちゃん」に忖度はなし収賄もなし  
17 皮膚呼吸できぬ火傷のような瞳で子どもをあやすロヒンギャの母  
18 過ぎゆくはまたもひとつの一里塚あせること無しゆるり参ろう  
19 空蟬にひかりを溜めてまた零すやうな願ひを掬ぶ幾たびも  
20 歌会用の一首が見つけためでたさは雪降るなかに浮かんだ初日  
21 黄金の光を浴びて市場から戻る小舟を待つ犬がいる  
22 こんな僕ではなかつたなどと綴る日の空に耀ふスーパームーン  
23 鰈炊けば生々とした怒り去り母も静かに身をほぐしおり  
24 西行の初夢に出で我に問ふ「私は右に行くけど君は?」  
25 <麦わらの一味>は冒険しをるらむ自死をせし子の本棚の中  
26 夕焼けをとじ込めている抽出に亀がなく日はかくれていたい  
27 ひさかたのクラウドに預けたる花を花の写真をかへしてほしい  
28 塩飛ばし刀振り回し酒散らしようやく魔の去るリングのお祓い  
29 銅(あかがね)の柿の葉落ちて寒々と友のとほさの見えて来(きた)る日  
30 チューバッカのソックス履きたる男あり わが麦わら帽の消えて久しも  
31 生たまご床へと落ちて二秒半〈一時停止〉を神に押されて 割れた  
32 おもてうら描いて隠して何処にもないホワイトボードを探してゐます  
33 ふくれっ面の餅をなだめて押さえつつ改憲論議を背中に聞きぬ  

posted by かりんネット歌会 at 08:51| 詠草一覧