2024年01月18日

作者一覧を発表いたします。

「かりんネット歌会2024 vol.1」

1  入れる具やソースの味で盛り上がるこだわり強めのたこ焼きパーティー 早川成美
2  とし重ね雑煮もやうやく宥和せりまる餅かく餅白みそお出汁 竹内幹夫
3  皮付きのまま大根をブツ切りす娘のおでん奇妙にうまい 田浦 将
4  悲を置きぬ 湯引きの鱧にねっとりのぬたをからめる七七日なり 橘 まゆ
5  こんな日は白菜豚バラ繰り返し無心に重ねてミルフィーユ鍋 槙 奈々帆
6  朝なさな小さき畑より青菜摘み浮かばす味噌汁けふが始まる 梅原秀敏
7  伝えたいコトバマシマシキモチマシ二郎系には背あぶらを足す 東洋子
8  二日目は鮭雑煮なり大空襲逃れし母の疎開の記憶 若槻真美子
9  大晦日家族で囲むすき焼きはしあはせの味噛めばじわりと 蚫谷定幸
10 大皿のグラタンぬわーんと取り分けしチーズ多めの母のレシピの 佐藤まれよ
11 「オムライスを食べてる時のあなたが好き」と言う時の君がオレは好きだな 福島隆史
12 焼鳥を串からひとつ外しつつ聴いてる言葉が私に刺さる 広里 ふかさ
13 つきだしのいかの塩辛親爺の顔今宵の煮付けは金目鯛なるや 夏目たかし
14 絶対に好きにはなれぬと思いしがカキフライ旨し大人の舌に コ力聖也
15 温かい豚汁能登の被災者に余震鎮めや祈りを込めて 山下騰子
16 混ぜそばをぐるぐる混ぜる 哀しみは時間を経ても癒ゆることなく 古河惺
17 ガス代と時間をかけた少し濃い自炊のカレーが今のうちの味 小田切拓
18 ソーキそば三枚肉に中身汁生命(いのち)を愛でて食ぶる正月 山口徳誠
19 コンビニは年が変わってもコンビニで恵方巻の幟立つ松の内 東山研司
20 とんとんと人参牛蒡細く切る金平牛蒡は瞑想タイム 中野富美子
21 表面をカリっと焼くのがポイントですタレは甘めのぶりの照り焼き 小松佳奈
22 一人前のさびしい雑煮を作る朝 ひとりで出来る仕合わせを知る 檜垣実生
23 亡き人のこころに酒を雑煮を供えればこの世の庭に朱色の花咲く 中山洋祐
24 幾たびもはるかぜを浴び雪に重りカルボナーラのやうなる恋よ  遠音
25 アンケートにビーフストロガノフが得意だと答えても子は餃子と書きぬ 服部明日檜
26 4年ぶり子ども食堂カレーの日鬱金馬芹辛子子の笑み混ぜ 丘の紫陽花
27 グリーンのカーテンに実は鈴生りに夕餉は今日もゴーヤチャンプル 吉村享子
28 くらがりを歩きつかれし夜の卓に月のごとかる蟹玉を呼ぶ 辻聡之
29 ケチャップを使わぬ元祖ナポリタン発祥の地とふ横浜にて愛づ 横田博行
30 オムレツのはずがスクランブルエッグ何か問題ありますかしら 岩舘美歩


歌会ご参加(出詠・コメント・観覧)の皆様、ありがとうございました。

この記事にはコメント欄を設けますので、言い残したことや感想などにお使いください。
2024年2月のネット歌会につきましては、明日、ご案内いたします。
(現在の記事はあと一月ほど公開いたします)
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(0) | 作者・詠草一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]