2023年01月18日

16〜18番の歌

16〜18番の歌にコメントお願いします。

16 ワグナーって本当は好きじゃないけれどとりあえず聴く「ラインの黄金」
17 天金の全きままの上製本つひに声音を知らぬままの祖父 
18 ゆふばえは金朱のいろをながしたり 人類がこんなに短命だなんて
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(7) | 詠草一覧
この記事へのコメント
18 ゆふばえは金朱のいろをながしたり 人類がこんなに短命だなんて

核戦争での人類滅亡の後の夕べの景色かと私的に想像しました。地球に人類はいなくなっても、太陽は東から西へまわり続けるのでしょうか。
夜は銀の月が閑かに光を落とす、孤独な地球。
そうならないように私達一人一人が心したいものです。
Posted by 蚫谷定幸 at 2023年01月18日 20:43
16 ワグナーって本当は好きじゃないけれどとりあえず聴く「ラインの黄金」

ワグナーは好き嫌いの別れる作曲家ですね。本当は好きじゃないけど、とりあえず聴くのは場の雰囲気を壊さない為?でしょうか。こんな場面て日常によくあるなあと思いました。
Posted by 丘の紫陽花 at 2023年01月18日 21:40
17番歌 蔵書によって人柄を偲ぶことができる、敬すべき方なのだと解しました。蔵書という重厚な言葉が似合う人だったのでしょう。言葉を交わさずとも、伝わるものなのですね。
Posted by 田浦将 at 2023年01月21日 15:37
18 ゆふばえは金朱のいろをながしたり 人類がこんなに短命だなんて

うつくしくかなしい歌。ここでは人類が短命とされていますが、それは人類全体のことか、個々の人間のことか、もしかして自分自身のことか。もっと言えば生き物全体、さらに宇宙全体かもしれない、と思いました。でもなぜこんな思いに捕らわれたのか、それが気になりますが。
Posted by 福島隆史 at 2023年01月22日 11:50
17.お祖父様の大切にされていた御本なのか、それともお祖父様の書かれた御本かもしれないと思いました。いずれにしても「天金の全きままの上製本」はお祖父様の佇まいそのものに感じられました。声を聞いたことはなくとも、本を開けばお祖父様が語りかけてくれるようですね。
Posted by 吉村享子 at 2023年01月24日 17:31
18 ゆふばえは金朱のいろをながしたり 人類がこんなに短命だなんて

「金朱」は神の涙かもしれない、上の句に天上界のような美しさを際立たせた、はや滅び行く者たちを見つめる創造主の視点。終末を感じさせる一首。
Posted by 若槻真美子 at 2023年01月28日 12:55
16 ワグナーって本当は好きじゃないけれどとりあえず聴く「ラインの黄金」

いや「とりあえず」で聴くボリュームじゃないでしょ!嫌いならなおさら・・・と返されたい、アイロニカルな軽みが楽しいです。ただ、作曲家と作品名の組合せで量産テンプレートになってしまう点が悩ましいところ。
この「ライン〜」から始まる楽劇『ニーベルングの指環』四部作が年末ラジオで4日に分けてありましたが、「ローエングリン」の最初と、「地獄の黙示録」で誰もが知る「ワルキューレ」の一部だけ聴いてやっぱりあとはBGMに・・・。
Posted by 若槻真美子 at 2023年01月28日 13:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]