2023年01月18日

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

10 そのかみのねんが状のギャグの中「金が信念」一本取られた 
11 再発も転移もなくて二年過ぎひとりの部屋に金糸雀がいる 
12 働いて給料日には飲みに行き金欠を嘆く愚昧なつかし 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(4) | 詠草一覧
この記事へのコメント
11 再発も転移もなくて二年過ぎひとりの部屋に金糸雀がいる 

辛かった日々もあったかもしれないけれど、あれから二年過ぎて、私の部屋には金糸雀、お前がいる。お互いに密な「二人」の会話を聞くような一首だと思いました。言葉の要らないような、素敵な。
Posted by 蚫谷定幸 at 2023年01月18日 20:54
11 再発も転移もなくて二年過ぎひとりの部屋に金糸雀がいる

再発、転移の不安と闘い、2年カナリアの明るい色と声が寄り添って。毎日色々な思いがあるのでしょうが、これからもこのまま平穏で毎日過ごせるよう祈るような気持ちになります。
Posted by 丘の紫陽花 at 2023年01月18日 21:24
告知を受けてから目に映る世界は、それまでとすっかり変わって見えたのではないかと想像いたします。そして、長い2年を過ごして再発も転移もないと分かった後、帰宅したお部屋にはこれまでの時間を共有した金糸雀がいてくれたのですね。命が輝いて見えるお部屋が目に浮かびます。
Posted by 奥田千恵子 at 2023年01月18日 21:37
10番歌 この年賀状を受け取って以来、「金」という字を見ればこの文面を連想するようになったのでしょうね。愉快な一首です。結句がダメ押しすぎかなとも思いましたが、軽快に言い切りたかったのだろうと受けとめました。
Posted by 田浦将 at 2023年01月21日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]