2022年10月18日

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントお願いします。

 19 親ガチャの言葉かなしき天和であがりしひとの指を見ており

 20 南大東島は風力3と始まりてラジオ短波の天気図を描く

 21 天空は太古よりわれらが世界と鷹柱たつ南島の空


posted by かりんネット歌会 at 23:04| Comment(7) | 詠草
この記事へのコメント
20 南大東島は風力3と始まりてラジオ短波の天気図を描く
気象について詳しいことはわかりませんが、ラジオを聞きながら天気図を書くことが出来るとはある程度の知識がある方なのでしょうか。風力3とラジオの声が聞こえてくるようです。
Posted by コ力聖也 at 2022年10月20日 09:47
 20 南大東島は風力3と始まりてラジオ短波の天気図を描く

懐かしく、上句の南大東島からの言葉を読みました。ラヂオを聴いていた頃、何気に聴いていましたが、天気予報は南大東島から始まるのですね。おそらく、南南東の風、とかいうのが入ったりするのだと思います。下句では天気図を描かれてますから、気象にお詳しい方と拝察しました。
Posted by 蚫谷定幸 at 2022年10月20日 14:12
19番:最初「天和」を知らなくてググって知った時には、本当に親ガチャの極み(あたりの方の)というか、ピタッとくる比喩表現だなあと感じいりました。
この「かなしき」は「はずれの親ガチャの人たちが悲しい」といった一般論ではなくて、最強の親ガチャな相手に出くわしてしまったとき、手も足も出ない自分と自分の親がかなしい、というか、かなしいと思ってしまう自分の心がかなしい、という心情でしょうか。
視線を下げて「指を見ており」。麻雀の場面なので、この指先の何がどうなってこうなったのか、考えても詮無いことが頭の中を駆け回っている様子が伝わります。
(麻雀のルールを全く知らない人間が少しググっただけでしゃべっているので、間違っていたらどなたか訂正してくださいね)
Posted by 東 洋子 at 2022年10月27日 22:49
21 天空は太古よりわれらが世界と鷹柱たつ南島の空

とても雄大で、温暖化や諍いによって傷んでいるこの地球が人類だけのものではないことを考えさせられます。
2−3句の【句またがり+字余り】がやや気になります。「鷹柱」がすでに複数の個体を示しているので「われらが世界と」を「わが世界なり」の定型で言い切っても通るかと。
Posted by 若槻真美子 at 2022年10月28日 17:32
20 南大東島は風力3と始まりてラジオ短波の天気図を描く

既に書かれている通り、なにか懐かしく感じられます。漫然と聞いているせいか、明瞭に思い出せる地名は南大東島くらいです。○○岬もあったような。クラスメートに同じく天気図を描いて喜々としている友人がいました。
Posted by 夏目たかし at 2022年10月29日 11:26
19 親ガチャの言葉かなしき天和であがりしひとの指を見ており

麻雀をしないのでネット情報の受け売りになりますが、天和(テンホー)は親の配牌時にはじめから上がっている役満、奇跡的なその出現確率は33万分の1だそうです。選択の余地無く運命づけられた幸・不幸の采配を印象づける取り合わせに工夫があります。連体形「かなしき」は、(負けた側が悲しいと思う)相手の「天和」にかかるものでしょうか?
「言葉はかなし」と二句切れにする方法もありますね。
Posted by 若槻真美子 at 2022年10月30日 00:36
20 南大東島は風力3と始まりてラジオ短波の天気図を描く

昔、天気図を何度か書かされたので、たしか始まりは石垣島ではなかったっけ?と思ったのですが、調べたら私が聞いていたのは「NHK第2放送」、こちらは「ラジオ短波」なのですね。天気図用の放送が2種類あったとは知らず、新鮮な驚きでした。
今ではスマホで天気予報や雨雲レーダーもさっとチェックできて、天気図を書く人も減ってしまったかもしれませんが、それでも山岳や海洋では必要とされるであろう放送・書き取り技術。
「描く」という現在形もきっぱりしていてよいです。
Posted by 遠音 at 2022年10月31日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]