2020年07月31日

作者一覧を発表いたします。

「かりんネット歌会2020 vol.5」

橘 まゆ  ゆびさきとゆびさきの距離はかれずに三十六度の君をだく夢
細井誠治  ふたたびと目をつむるなりうな重のふた取り上げる短い夢に
竹村正一  としどしに月は地球を遠ざかる竹取の夢つきせぬ此の世
梅原秀敏  我が余命定かになりぬ夢にみる君は二十歳のままに輝く
松村由利子 混沌は深まるばかり辻褄の合わない夢の続きのように
東 洋子  あじさいは皆で同じ夢を見る水漬くままに朽ちてゆく日も
岡 公一  思ひでは重ねし齢の雑記帳ページをめくれば束の間の夢
呉 肇樑  わが夢の通い路いつも崖っぷちほどけた靴ひもむす...アッ危ない!
東山研司  夢ならで仮想空間の検索に若かりしかれの罪過はなおも
刀根卓代  子と競ひ "I have a dream"(私には夢がある)暗誦せし K.K.K.のビラ貼られし町に
山下騰子  震災に球磨川氾濫火の国にドームで覆ふは夏の夜の夢か
篠原節子  古びたる暖簾のゆれてパスカルは夢に身捧ぐ神は在るべし
ヨコタヒロユキ 目覚めたら目尻に涙滲んでて何の夢だか思い出せぬまま
日高雅彦  白球を暗くなるまで追いかけた児らの夢消え 八月が来る
遠藤由季  球根はまだ夢のなか一握りなるその眠りそっと埋めたり
森田鞠子  夢なんてばからしいわと歌麿の女は横向きポッピンを吹く
夏目たかし 拉致事件起くるを先に知りたれど声の通らぬ夢に汗かく
渡辺泰徳  ウイルスに家居強いられ夢ひと夜水漬く家並を見下ろして飛ぶ
貝澤駿一  マーティン・ルーサー・キングの夢を暗唱すダラスより来し転入生は
はまだもも ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く
モロクラタマラ 平等と自由の夢は輝ける白き帆の船  まだなお遠く
小松佳奈  畏れなど知らず夢でも見ていたか荒南風のあさ蝉しずかに鳴く
中村暢夫  ねぇ、君の夢を聞かせて なんとかして僕が叶える、生きているから
若槻真美子 六日目の壁の向かうはもう夢をみなくてもいいドリームボックス
辻 聡之  なつのひかりの〈来夢来人〉の看板の文字痩せておりだれの面影
光野律子  ホームレスが「夢」と書かれた額並(な)べて眠る夏至の夜の 大ガード下
黒木沙椰  雨降れば夢の白さにカラカサ茸 会ひにいきたいひとが未だゐる
岡方大輔  春の夜の夢ばかりなる股座にあっ綾波レイ青息吐息
遠音    アスファルトの油膜の虹のだらしなくのびひろごりてとけ残る夢
久山倫代  杢太郎の夢に吹きしか〈米惣〉の暖簾ほのかに揺らす海風
中村久美子 転寝の夢に泣きたり「ただいま」の声の虚しく遠く田鶴啼く
中山洋祐  親しくはなかったけれど亡き人の冷たき指にふれている夢
上條素山  夢の国ディズニーランドも閉じる夜いそぎんちゃくは絶叫をせり

歌会ご参加(出詠・コメント・観覧)の皆様、ありがとうございました。
この記事にはコメント欄を設けますので、言い残したことや感想などにお使いください。
8月のネット歌会につきましては、明日、ご案内いたします。
(現在の記事はあと一月ほど公開いたします)
posted by かりんネット歌会 at 21:56| Comment(6) | 作者・詠草一覧
この記事へのコメント
自分の作意以上の素敵な歌評をいただきありがとうございました。皆様の歌評を読ませていただき勉強になりました。少しでも歌評価ができるように努力します。
Posted by 梅原秀敏 at 2020年08月01日 05:08
中山さん辻さん、参加者のみなさんありがとうございました
Posted by 細井誠治 at 2020年08月01日 07:07
中山さん、辻さん、お世話になりました。また、拙作にコメント下さいましたお方に感謝申し上げます。1995年、ワシントンDC郊外、メリーランド州チェヴィチェイス・ベセスダに住んでいた時(メリーランド州は北軍、隣りのヴァージニア州は南軍)、子どもの宿題でキング牧師の演説を一緒に学んだときは、すぐにも差別のない社会が訪れると思っていたのですが、今年になって差別の火は再燃。四半世紀前の話でした。有難うございました。
Posted by 刀根卓代 at 2020年08月01日 09:55
今回は全然コメント書けなくてすみませんでした!次はがんばります!
それにても「夢」一語の歌が大多数なのが意外でした。悪夢とか夢心地とか、もっと熟語が出ると思ったのに…。そんなこんなで「来夢来人」でした!
Posted by 辻聡之 at 2020年08月02日 13:11
辻様、中山様、いつもありがとうございます
。今回も お世話になりました。
かりんへ入会して 毎回、ネット歌会へ
参加させていただいておりますが、
今回も たいへん勉強になりました。
短歌やめようかなと思う毎日ですが、
気がつけば 月日が経ってゆきます。
コメントもたいへん ありがたく、
勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by 橘 まゆ at 2020年08月02日 14:51
キングの歌が二首あるなあと思いましたが刀根さんでしたか。なんか納得してしまいました。
いまでも英語教育の分野ではキングを暗唱させたり、例文に使ったりします。公民権運動も教えます。僕も随分と調べました。
今回はコメントができずすみません。次回は夏休み期間の開催なので、もう少し貢献しようと思います。よろしくお願いします。
Posted by 貝澤駿一 at 2020年08月05日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]