2020年07月18日

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントをお願いします。

 19 マーティン・ルーサー・キングの夢を暗唱すダラスより来し転入生は

 20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

 21 平等と自由の夢は輝ける白き帆の船  まだなお遠く


posted by かりんネット歌会 at 08:32| Comment(13) | 詠草
この記事へのコメント
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く
「ゆんゆんと」がとてもよいと思いました。ストローで吸い上げているような勢いが表れています。「水」ではなく「雨」としたことで、空から水を引き寄せているような大きなイメージになっています。アコウがどんな植物か存じませんが、作者は眠りながら雨の中のその植物を思っているのですね。アコウはおそらく、乳を吸う赤ちゃんのような、水を養分に変えてぐんぐん大きくなる植物なのでしょう。細かいことですが、初句に力がある歌なので、結句は字余りなくすっきりしたほうがよいのでは。
今回の題では、作者の位置がわかることと、「夢」以外の言葉にどれだけ具体性があるか、をポイントに投票しました。この歌がいちばんよかったです。
Posted by 久山倫代 at 2020年07月18日 10:01
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢の中に聞く
 久山さんのコメントと同じく、私もこの歌が今回の中で一番良いと思い、投票しました。歌の入りの「ゆんゆんと」で引き込まれました。乳を吸う子どもの力強さが、アコウの幹にまきついた気根の吸い上げる強さと相乗効果をあげていると思いました(アコウはガジュマルと違って気根が垂れていないで幹に巻き付いているので)
Posted by 刀根卓代 at 2020年07月18日 14:28
19 マーティン・ルーサー・キングの夢を暗唱すダラスより来し転入生は

寝ていてみる夢ではなく覚醒している状態でみる夢。その夢は伝播し、感染し、時には他者を変貌させ得る。
この一首のダラスから来た転入生のように。
韻律も含め好きな一首。
Posted by 岡方大輔 at 2020年07月20日 21:23
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

アコウの、逞しくのたうつような根の印象を刷新させてくれるような歌。それでいて「ゆんゆん」という副詞が違和感なく享受出来てしまう不思議。
Posted by 岡方大輔 at 2020年07月20日 21:24
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

アコウという南の樹木に「ゆんゆん」という擬音が似合っていて、全体にゆったりとした南国の雨の情緒を感じます。根が赤子のように雨を吸うという捉え方がおおらかで、事物がつながりあっているような、神話的な感覚に惹かれました。
Posted by モロクラ タマラ at 2020年07月22日 07:15
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

乳児の生命力のようなオノマトペに引きつけられ、ガジュマルのような根が張り巡る画像を見て驚きました。南国の力強いこの植物の特徴を見事に引き出して伝えています。
Posted by 若槻真美子 at 2020年07月23日 23:32
19 マーティン・ルーサー・キングの夢を暗唱すダラスより来し転入生は

ダラスという、ジョン・F・ケネディが暗殺された地名が効いています。この歴史の皮肉が一首のポイントですが、ほんの少し作者の姿が見えれば、もっとよかったな、と残念に思いました。フルネームでなく「キング牧師」とつづめても分かるので、作者の思い、当時の年齢などが入れば、さらによくなるはずです。
とはいえ、このフルネームの味わいもあるので、これはこれで出来上がっている一首と思います。
Posted by 松村由利子 at 2020年07月24日 16:49
20、結句の字余りがどうにも惜しいように思えてしまいます
例えば「夢に聞きをり」ではいかがでしょう…
Posted by 細井誠治 at 2020年07月24日 21:27
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く
 細井さんのご提案についてですが、
「をり」は状態の継続を意味するので、夢のはかなさが失われるのでは。私でしたら「夢なかに聞く」としたいです。

刀根さんはどう思われますか。
Posted by 久山倫代 at 2020年07月24日 22:03
21、いまも根強く残る人種差別問題を憂いた一首と読みました
白き帆の船については表現が適当かどうかやや疑問が残ります
1字空けもここではあまり効いていないように感じました
Posted by 細井誠治 at 2020年07月25日 23:45
20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

ゆんゆんと、のオノマトペがおもしろい。アコウの根の雨を吸ふ音のイメージが掴み切れず。生命感をうたっているのは了解できる。二句切れで、必ずしも以降にかかっていないのか、と迷った。
Posted by 中村暢夫 at 2020年07月26日 06:03
19、上の句フルネームで表現されていることについては作者なりの意図やそれなりの必然性があるのだろうと思いますが
やはり音数が勿体ないように感じてしまいます。その分をもってキング牧師の面影などを詠い込んではいかがでしょうか…
Posted by 細井誠治 at 2020年07月26日 08:03
19 マーティン・ルーサー・キングの夢を暗唱すダラスより来し転入生は

最初はダラスという地名の意味するところがわからなかったのですが、わからないなりに惹かれた歌でした。
単に明るい希望、夢を語る場面ならば、このようなずしりとした重厚感は出てこない。
初句の字余りは甚だしいのですが、それでもフルネームで刻んできたことは、この転入生の暗い瞳や芯の強さなどを想起させる重要な要素だと感じました。


20 ゆんゆんと乳吸ふごとしアコウの根の雨を吸ふ音夢のなかに聞く

初句・二句の比喩が素晴らしいです。手懐けられていない命の奔放さ、体臭を思いました。
水ではなく「雨を吸ふ」としたことで、現場の匂いや音もよりリアルに立ち上がってきます。
Posted by 遠音 at 2020年07月30日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]