2020年05月18日

4〜6番の歌

4〜6番の歌にコメントをお願いします。

 4  真珠採りのタンゴ降るよな青空に岩田師想い酒汲む蟄居

 5  オンライン出来ない私は祭壇に供へし酒を亡き夫と飲む

 6  三人がふたりになりても変わらずに夜々に呑む酒遺影を前に


posted by かりんネット歌会 at 20:26| Comment(2) | 詠草
この記事へのコメント
 5  オンライン出来ない私は祭壇に供へし酒を亡き夫と飲む

デジタル機器の設備的・技術的にオンライン飲み会ができず、そのために静かな夜を過ごしているということと、夫が亡くなってしまっているからオンラインであろうとなかろうと、実際に夫と飲み交わすことはできないということ、2つのことが重なって、しんみりとした美しさのある歌だと感じました。
Posted by 大渕まこ at 2020年05月21日 08:52
誰もがネットを駆使して人とつながることが出来るわけでもないわよねえと、亡き夫に語り掛けながらお酒を飲む。
しみじみとして、共感を感じるお歌でした。
Posted by 岸千代子 at 2020年05月21日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]