2020年01月28日

28 次の日も子らの歓声吹き荒れて手つなぎ鬼のたわむ校庭

28番の歌にコメントをお願いします。
posted by かりんネット歌会 at 22:32| Comment(2) | 詠草
この記事へのコメント
なんの次の日なのか、想像をかきたてられて面白い初句だと思いました。結句のたわむも繋いだ手がたわむ感じで情景が浮かびます。ただ吹き荒れてはかなり強い表現なので、どうしてここで使われたのかがよくわかりませんでした。
Posted by 幸原千明 at 2020年02月01日 03:55
「吹き荒れて」「たわむ」が浮いている。
Posted by 坂井修一 at 2020年02月08日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]