2019年08月16日

20 「鰯」「鯛」覚えた頃の祖父の指魚の名刻む黒き湯呑みに

20番の歌にコメントをお願いします。
posted by かりんネット歌会 at 21:24| Comment(1) | 詠草
この記事へのコメント
お寿司屋さんの湯飲みは、魚偏の字で埋めつくされていますね。ふつうは刻まれたものではありませんが、お祖父さんが彫っていたのは、これはちょっと高級な品だったのでしょうか。あるいは、これは趣味の世界でしょうか。どちらにしても、祖父への敬愛が感じられます。上の句では、主語が入れ替わっているのがちょっと違和感ありかも。
Posted by 坂井修一 at 2019年08月24日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]