2019年08月16日

23 税官吏の眼差しもちて飼い猫は箱の届くを戸口に待ちおり

23番の歌にコメントをお願いします。
posted by かりんネット歌会 at 21:21| Comment(3) | 詠草
この記事へのコメント
短い言葉で猫の特徴をうまく捉えていておもしろいなあと思いました。
宅配便など突然の来訪者に対して、犬だったらフレンドリーに尻尾をふるか、敵対心あらわに吠え掛かるか態度が二分するような気がするのですが。
じっと座って冷静沈着に箱の中身を品定めするような猫の視線(たぶん三白眼)を感じます。
Posted by 東 洋子 at 2019年08月18日 16:17
メガネがキラリとするような「税官吏」がコミカルに効いてますね。
そしてこの税官吏、箱そのものにどうやって入ってやろうか、うずうずと待っているんだナ。
Posted by 若槻真美子 at 2019年08月18日 23:29
犬は家来で、猫は主人。そんな猫のおもしろさが良く出ています。結句「戸口に待ちおり」は硬い字余りで、もう少し流れ良く結んだほうが良かったかもしれません。
Posted by 坂井修一 at 2019年08月24日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]