2019年01月26日

37  今朝もまた田んぼ凍れる銀河かなふくら雀のぬくもり恋し 

37番の歌についてコメントしてください。
posted by かりんネット歌会 at 21:28| Comment(3) | 詠草
この記事へのコメント
長い冬田の凍った状態です。ふくら雀でかなり寒そうです。そろそろ寒さにも飽き春を待ち焦がれているのでしょうか。
Posted by 佐々木孝逸 at 2019年01月29日 07:44
広い景と点在するふくら雀がバランスよく描かれている。銀河は比喩としては平凡にも思えるが、風景の広がりを生み、冬の朝の澄んだ空気、ふくら雀の羽毛のきらきらとした感覚を呼び起こすツールとして効果的。「ぬくもり恋し」という主観的な感想ではなく、ふくら雀の様子をさらに描写した方が良いのではないか。
Posted by cranberry at 2019年02月04日 21:06
三句「銀河かな」は唐突では。あるいは俳句的発想かも。
Posted by 坂井修一 at 2019年02月10日 05:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]