2018年10月10日

14.真夜中に満月照らすルガーノ湖光り輝き月との対話

14番の歌へのコメントをお願い致します。


posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(4) | 詠草
この記事へのコメント
満月照らすは「満月が」照らすとするべきではないでしょうか?
下の句のまとめ方もやや強引な印象がしました
Posted by 細井誠治 at 2018年10月10日 20:41
満月に照らされた湖と月との対話、想像力がかきたてられる嘱目です。
湖面には微かな「ゆらぎ」があり、鏡面のような見え方ではない所に、光るだけで寡黙な月とその光を受ける湖との対話が聞こえてきそうです。
「真夜中」に限定する必要は無く、満月の夜だけでよいと思います。
Posted by 吉岡健児 at 2018年10月10日 21:43
とても美しい歌だと思います。ルガーノ湖は、アルプスの湖のことでしょうか。
「満月」は普通かなとも思えるので「ぬばたまの」などに、置き換えてはどうでしょう。

Posted by 橘 まゆ at 2018年10月11日 22:06
大変失礼致しました。「真夜中に」を「ぬばたまの」に置き換えてはいかがでしょう。
Posted by 橘 まゆ at 2018年10月11日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]