2018年01月20日

16  うさぎの名賛成多数で「ゆきちゃん」に忖度はなし収賄もなし  

16番の歌についてコメントお願いします。
posted by かりんネット歌会 at 22:03| Comment(4) | 詠草
この記事へのコメント
この歌会の中で、一番なごみました。
小学校低学年ぐらいの学級会の様子でしょうか。ゆきちゃんと子どもたちに幸いあれ。
たかがウサギの名づけに忖度も何もないだろうと言ってしまえばそれまでですが、ついつい大人たちと比べてしまいますよね。
Posted by 東 洋子 at 2018年01月21日 13:27
「うさぎ」と「ゆきちゃん」の呼称が生きていますね。
上句のみで真っ白な雪のようなうさぎが元気よく飛び回る微笑ましい光景が見えてきます。
流行語となった「忖度」、政治の世界でよく問題となる「収賄」の言葉を詠み込まれていますが、「贈賄」もありますので「収賄」まで詠む必要はないと思いました。
多数決で決まる民主主義の裏側で、少数の呼称にはどのようなものがあったのだろう、などと半ば批判的な思いも脳裏を過ぎりました。
Posted by 吉岡健児 at 2018年01月22日 08:49
白いうさぎを囲む子どもたちの様子が目に浮かびます。少々甘さも感じますが、「ゆきちゃん」という名のかわいさと、大人の顔色を見るような子どもたちではない清しさに好感が持てました。私も「忖度」だけでいいと思いました。
Posted by 江國梓 at 2018年01月23日 23:14
同じ名前の読み方の者として素通りできず、コメントさせて戴きます(笑)

ほのぼのとしつつも、ピリッとした風刺のある歌(かなりダイレクトな風刺ですね)だと思いました。「賛成多数」をもう少しやわらかく表現すると、「忖度」などのスパイシーな言葉が引き立ったかもしれません。

わたしも、吉岡さん、江國さんと同じく「忖度」のみでもよかったと思います。

Posted by 遠藤由季 at 2018年01月24日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]