2021年06月18日

コメント期間に入ります。

ただいまコメント期間です。
(票を入れるだけが歌会ではありません!)
詠草はこの記事の下にあります。

【スケジュール】
・コメント期間:6月18日(金)から6月29日(火)
・作者名の発表:6月30日(水)
コメントをしていただけるのは、詠草提出者・かりん編集委員・かりん選者です。
【コメントの仕方】
@各詠草欄の下の「comment」ボタンをクリックすると、各詠草の下にコメントフォームがひらきます。
Aお名前(出詠名)とコメントを入力して「書き込む」ボタンをクリックしてください。
メールアドレスやホームページ欄は入力しないでください。
コメントの内容を確認したい場合は「確認する」ボタンを押して、
内容をご確認後、「書き込む」ボタンをクリックしてください。
ご自身の選歌された歌以外にもコメントして結構です。
その歌のどこがよいと思ったか、意味が取りづらいと思ったのはなぜか……など、
コメントしていただけたら、と思います。

*次の行為は固くお断りいたします!*
・他人の誹謗中傷
・あまりに厳しすぎる批評
・短歌と無関係の投稿および営利活動
・違法行為や公序良俗に反する迷惑行為
ご質問やご意見は詠草提出と同じアドレスにお願いいたします。
重要な問題につきましては編集委員会で判断いたします。

☆自分が好きだと思った歌について一言でも二言でもいいので、
 ふるってコメントをお寄せくださいますようお願いいたします!
posted by かりんネット歌会 at 21:50| 連絡事項

1〜3番の歌

1〜3番の歌にコメントお願いします。

 1 あのひとに触れて夜風はめぐりきてわたしの夢の奥から滝音

 2 鼻先に切り分けられて次々にうねり渦巻く風、頂

 3 蛞蝓に君も死ぬのと尋ねられ「風」のごとくに片頬で笑む


posted by かりんネット歌会 at 21:50| Comment(0) | 詠草

4〜6番の歌

4〜6番の歌にコメントお願いします。

 4 言い過ぎてしまった夜は思い出すあなたの胸の防風林を

 5 「来世は風」失せゆく視力も聡明な女(ひと)と水無月の風をわけ合う

 6 青春って風だったねとふり返る波打つ老いに身をよじりつつ


posted by かりんネット歌会 at 21:49| Comment(0) | 詠草

7〜9番の歌

7〜9番の歌にコメントお願いします。

 7 風呂場よりいつもの歌が聞こえぬ夜今日学校で何がありしか

 8 真闇より取りいだすとき風鈴の裡をあふるる夏の産声

 9 除菌せしのちにカーテンレールへと吊るす厄除だるま風鈴


posted by かりんネット歌会 at 21:49| Comment(2) | 詠草

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

 10 父さんはしろくかぼそくなり風にまもなくのるよ たんぽぽなんだ

 11 ライラックの匂い泡立つ花房をはつかに揺らす六月の風

 12 興味ある人は噂で風にのる私はハコベ揺らされもせず


posted by かりんネット歌会 at 21:48| Comment(0) | 詠草

13〜15番の歌

13〜15番の歌にコメントお願いします。

 13 家持のこころ知りたし越の国単身赴任(ひとりきたりて)東風(あいのかぜ)嗅ぐ

 14 心眼を開きてめざせ日の本へ鑑真の意気風浪しづむ

 15 千葉に顕(た)つアフリカの風豊かなる孤に蛇を呑むミナミジサイチョウ


posted by かりんネット歌会 at 21:48| Comment(1) | 詠草

16〜18番の歌

16〜18番の歌にコメントお願いします。

 16 はつなつのマーガレットを描く君のスケッチブックのなかに吹く風

 17 黒南風の水時計流るさぁさぁと去年と異なる夏のかたちへ

 18 連休中の保育所の庭に立つ手を繋ぎたがる風が待っていた


posted by かりんネット歌会 at 21:47| Comment(1) | 詠草

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントお願いします。

 19 青空は暴風雨と化す飛び込んで長靴じやぶんと打つ水たまり

 20 六階の部屋に入りきてふっくらと風を孕みて靡くカーテン

 21 逆光に日傘の女(ひと)はふりかえり夏草の風にスカーフの舞う


posted by かりんネット歌会 at 21:47| Comment(0) | 詠草

22〜24番の歌

22〜24番の歌にコメントお願いします。

 22 涼風の静かに入る三角窓の夕映え見つめ互みに黙す

 23 青い鳥が南の窓から迷い込み羽根いちまいの風が残った

 24 風船ガムが割れてしなびるそのあいだ耳からとんでくみつばちの群れ


posted by かりんネット歌会 at 21:47| Comment(1) | 詠草

25〜27番の歌

25〜27番の歌にコメントお願いします。

 25 がんなのにイルカのように泳ぎたい風がしずかに泣きだす海を

 26 青空も若葉を揺らす風もなく祭り囃子も聞こえぬ五月

 27 落葉松の芽吹く林を歩みつつ風を抜けると雪の甲斐駒


posted by かりんネット歌会 at 21:46| Comment(1) | 詠草

28〜31番の歌

28〜31番の歌にコメントお願いします。

 28 海風も山風もなきこの街に今日もビル風に抗いて生く

 29 とほからず変はるなるべし風向きのま白なる紙飛行機のため

 30 赤みその風味よろしきしじみ汁 山椒の新芽ひとつ浮かべて

 31 かつて〈 ヒト 絶滅危惧種 〉と記されし熱風の星ブルーマーブル廻る


posted by かりんネット歌会 at 21:45| Comment(1) | 詠草

選歌投票結果の発表

お待たせしました! 投票数の発表です。
ここからコメント期間に突入ですよ〜

1   6票 あのひとに触れて夜風はめぐりきてわたしの夢の奥から滝音
2   2票 鼻先に切り分けられて次々にうねり渦巻く風、頂
3   1票 蛞蝓に君も死ぬのと尋ねられ「風」のごとくに片頬で笑む
4   6票 言い過ぎてしまった夜は思い出すあなたの胸の防風林を
5   1票 「来世は風」失せゆく視力も聡明な女(ひと)と水無月の風をわけ合う
6   5票 青春って風だったねとふり返る波打つ老いに身をよじりつつ
7   9票 風呂場よりいつもの歌が聞こえぬ夜今日学校で何がありしか
8  10票 真闇より取りいだすとき風鈴の裡をあふるる夏の産声
9   5票 除菌せしのちにカーテンレールへと吊るす厄除だるま風鈴
10 11票 父さんはしろくかぼそくなり風にまもなくのるよ たんぽぽなんだ
11  3票 ライラックの匂い泡立つ花房をはつかに揺らす六月の風
12  3票 興味ある人は噂で風にのる私はハコベ揺らされもせず
13  5票 家持のこころ知りたし越の国単身赴任(ひとりきたりて)東風(あいのかぜ)嗅ぐ
14  1票 心眼を開きてめざせ日の本へ鑑真の意気風浪しづむ
15  1票 千葉に顕(た)つアフリカの風豊かなる孤に蛇を呑むミナミジサイチョウ
16  8票 はつなつのマーガレットを描く君のスケッチブックのなかに吹く風
17  3票 黒南風の水時計流るさぁさぁと去年と異なる夏のかたちへ
18  4票 連休中の保育所の庭に立つ手を繋ぎたがる風が待っていた
19  0票 青空は暴風雨と化す飛び込んで長靴じやぶんと打つ水たまり
20  0票 六階の部屋に入りきてふっくらと風を孕みて靡くカーテン
21  4票 逆光に日傘の女(ひと)はふりかえり夏草の風にスカーフの舞う
22  2票 涼風の静かに入る三角窓の夕映え見つめ互みに黙す
23  5票 青い鳥が南の窓から迷い込み羽根いちまいの風が残った
24  7票 風船ガムが割れてしなびるそのあいだ耳からとんでくみつばちの群れ
25 11票 がんなのにイルカのように泳ぎたい風がしずかに泣きだす海を
26  5票 青空も若葉を揺らす風もなく祭り囃子も聞こえぬ五月
27  1票 落葉松の芽吹く林を歩みつつ風を抜けると雪の甲斐駒
28  4票 海風も山風もなきこの街に今日もビル風に抗いて生く
29  3票 とほからず変はるなるべし風向きのま白なる紙飛行機のため
30  4票 赤みその風味よろしきしじみ汁 山椒の新芽ひとつ浮かべて
31  5票 かつて〈 ヒト 絶滅危惧種 〉と記されし熱風の星ブルーマーブル廻る


posted by かりんネット歌会 at 20:29| 選歌票数結果

2021年06月11日

詠草一覧・選歌案内

令和3年第6回のかりんネット歌会には、31首が寄せられました。
今回もたくさんのご応募ありがとうございます!
さて、ここからが本番です。

それでは、これから次の順で進めさせていただきます。

@選歌投票(6月17日まで):出詠されたeisoのアドレス宛に、@氏名、Aよいと思った歌5首の番号、をお送りください(投票受領の返信は省略させていただきます)。投票結果はコメント前に公表します。
A各歌についてのコメント(6月18〜29日):一気に行います!
B全体的コメント:編集委員、選歌委員のコメント・アドバイス。
C作者名発表:6月30日の予定です。

★ご注意 コメント欄に歌の投稿、選歌をしないようにお願いします。
必ず、以下の送付アドレスまでお願いいたします。
web_kakai_eisou★karinnokai.net(★を@に変えてください)

             詠草一覧(カッコ内は直前の語のふりがなです)

1  あのひとに触れて夜風はめぐりきてわたしの夢の奥から滝音
2  鼻先に切り分けられて次々にうねり渦巻く風、頂
3  蛞蝓に君も死ぬのと尋ねられ「風」のごとくに片頬で笑む
4  言い過ぎてしまった夜は思い出すあなたの胸の防風林を
5  「来世は風」失せゆく視力も聡明な女(ひと)と水無月の風をわけ合う
6  青春って風だったねとふり返る波打つ老いに身をよじりつつ
7  風呂場よりいつもの歌が聞こえぬ夜今日学校で何がありしか
8  真闇より取りいだすとき風鈴の裡をあふるる夏の産声
9  除菌せしのちにカーテンレールへと吊るす厄除だるま風鈴
10 父さんはしろくかぼそくなり風にまもなくのるよ たんぽぽなんだ
11 ライラックの匂い泡立つ花房をはつかに揺らす六月の風
12 興味ある人は噂で風にのる私はハコベ揺らされもせず
13 家持のこころ知りたし越の国単身赴任(ひとりきたりて)東風(あいのかぜ)嗅ぐ
14 心眼を開きてめざせ日の本へ鑑真の意気風浪しづむ
15 千葉に顕(た)つアフリカの風豊かなる孤に蛇を呑むミナミジサイチョウ
16 はつなつのマーガレットを描く君のスケッチブックのなかに吹く風
17 黒南風の水時計流るさぁさぁと去年と異なる夏のかたちへ
18 連休中の保育所の庭に立つ手を繋ぎたがる風が待っていた
19 青空は暴風雨と化す飛び込んで長靴じやぶんと打つ水たまり
20 六階の部屋に入りきてふっくらと風を孕みて靡くカーテン
21 逆光に日傘の女(ひと)はふりかえり夏草の風にスカーフの舞う
22 涼風の静かに入る三角窓の夕映え見つめ互みに黙す
23 青い鳥が南の窓から迷い込み羽根いちまいの風が残った
24 風船ガムが割れてしなびるそのあいだ耳からとんでくみつばちの群れ
25 がんなのにイルカのように泳ぎたい風がしずかに泣きだす海を
26 青空も若葉を揺らす風もなく祭り囃子も聞こえぬ五月
27 落葉松の芽吹く林を歩みつつ風を抜けると雪の甲斐駒
28 海風も山風もなきこの街に今日もビル風に抗いて生く
29 とほからず変はるなるべし風向きのま白なる紙飛行機のため
30 赤みその風味よろしきしじみ汁 山椒の新芽ひとつ浮かべて
31 かつて〈 ヒト 絶滅危惧種 〉と記されし熱風の星ブルーマーブル廻る


posted by かりんネット歌会 at 23:05| 詠草一覧

2021年06月01日

かりんネット歌会2021 vol.6

早いもので6月、紫陽花がきれいに咲いています。
令和3年の第6回ネット歌会は、次の要領で開催いたします。

詠草募集期間:6月1日〜10日
作品一覧発表:6月11日(作者名はまだ伏せてあります)
選歌投票:6月11日〜17日(出詠者のみ・一人5首)
得票数発表:6月18日
鑑賞・批評期間:6月18日〜29日
作者発表:6月30日
※出詠数により変更の可能性がありますが、適宜ご案内いたします。
題は「風」です(漢字詠み込み必須!)。
経験者の方、初めての方もふるってご参加ください。
多くの会員皆様のご参加をお待ちしております。

《なお、参加される方は投票及び歌評をぜひお願いします!》

詠草を送られる際は
メールの件名を「かりんネット歌会詠草」とし、
本文に「@氏名 A所属欄 B詠草」を記載のうえ、
以下の送付アドレスまでお願いいたします。

web_kakai_eisou★karinnokai.net(★を@に変えてください)

【かりんネット歌会の注意事項】 *必ずよくお読みください。
● 詠草およびコメント提出の際は、かりん誌誌面で使われているお名前を
 お知らせください。
● 参加者が以下のような行為を行った場合、参加資格を停止いたします。
 ・盗作など創作上のルール違反(本歌取りを含まず) ・他人の誹謗中傷
 ・短歌と無関係の投稿および営利活動 ・違法行為や公序良俗に反する迷惑行為
● ネット歌会において発表した作品は、すべて「既発表」となります。
 したがって、ネット歌会に出した作品は、以後、新聞・雑誌などで新作として発表することは
 原則許されません。例外として、ネット歌会において発表した作品は、その後で「かりん」誌上で
 発表しても構わないことといたします。

(かりんネット歌会運営係:中山洋祐、辻聡之)
posted by かりんネット歌会 at 22:06| Comment(0) | 連絡事項