2020年06月30日

作者一覧を発表いたします。

「かりんネット歌会2020 vol.4」

夏目たかし 朝寒く雨のそぼ降る月曜日新聞歌壇に我の名見えず
刀根卓代  明日往ぬか夜の窓辺に問ひたれど合歓の雄蕊は降りやまずあり
平井啓子  雨と降る夏蟬のこえ聞きながら父母と歩いた西日の比叡
光野律子  雨降らしは両性具有少しだけかなしくなりたる磯実習
西谷麗花  過ちのようなどしゃ降り 街を行くあの人もあの人も帰れない
中山洋祐  いくたびもひと降る岬かがやいて写真撮りたりときの切れ間に
コ力聖也  活けてより僅か三日の薔薇の花玄関先に降りつもるほど
モロクラタマラ 降りてゆく夢の坂道やわやわと かたちをもたぬいきもののくに
長山 弘  「降ります」と言いて動かす車イスそろりそろりと電車を降りる
竹村正一  オンライン面接うける新卒の身に降りかかる堕栗花(ついり)の寒さ
大井 学  から梅雨の雨降り地蔵の額の罅ゆうべやぶいた手紙のような
若槻真美子 今日だれと帰れるだらう揺れる児の帽子のみなと昇降口は
東 洋子  銀幕にイケメン降臨白妙のポップコーンは床に散らばる
辻 聡之  薬降る五月のそらの天気図を忘れてあおい傘の六月
森田鞠子  降りくる小学生の「こんにちは」しばしつづきぬわがために言ひ
貝澤駿一  降板のエースの肩をポンとたたくその一瞬の平行の影
久山倫代  この大き帳くぐれば何がある降車ボタンを関節で押す
石橋陽子  コンサート雨降る夜の帰り道ひとり歌いぬ住宅街に
碧野みちる さくらばな神経衰弱のごとく降り君もわれもこの日々のはらはら
遠音    参観の昇降口にとりどりの鉢植えを売る学年主任
はまだもも 閉ざされし本棚のうへ降りつもる時といふ名の雪淡くあり
遠藤由季  無きことにするほかあらぬやるせなさ廃墟へ絶え間なく雨は降り
山下騰子  西天狗雲行き悪く降り始む岩を下りるも四つ足になり
岡 公一  にわか雨降水帯は線状となりて被害をもたらし来りぬ
東山研司  陽と雨と降りまじる野のしずけさに狐はしらぬ家へ嫁ぎし
中村久美子 降る月を頼りに終えた芋畝に丸きわが影 母かと惑う
ヨコタヒロユキ 降れ降れと八代亜紀似の女将(ママ)の歌欲(ほ)りて惚れたか休業前夜
小松佳奈  ほたる棲む源兵衛川に雨降れば恋はひとまず休戦としよう
中村暢夫  ほんとうの6月6日に雨ざーざー降ってかわいいCちゃんのこと
江國 梓  前梅雨(まへづゆ)の昇降口で待つてゐた かの日とともに消えたり母校は
細井誠治  窓ぎはに降る陽のひかり豆苗ののび放題に伸びゆく不安
渡辺泰徳  末端は切り捨てられる心地して降べき順の数式は嫌(や)だ
橘 まゆ  守りたい約束と檸檬かごに入れGooglemapに無い駅で降りたい
日高雅彦  夕闇の狭庭の隅の白百合に降る月読の光幽けし
平山繁美  寄り添えず降りることさえ許されずただただグラスの水滴でいる

歌会ご参加(出詠・コメント・観覧)の皆様、ありがとうございました。
この記事にはコメント欄を設けますので、言い残したことや感想などにお使いください。
7月のネット歌会につきましては、明日、ご案内いたします。
(現在の記事はあと一月ほど公開いたします)
posted by かりんネット歌会 at 22:02| Comment(1) | 作者・詠草一覧