2024年02月18日

コメント期間に入ります。

ただいまコメント期間です。
(票を入れるだけが歌会ではありません!)
詠草はこの記事の下にあります。

【スケジュール】
・コメント期間:2月18日(日)から2月28日(水)
・作者名の発表:2月29日(木)
コメントをしていただけるのは、詠草提出者・かりん編集委員・かりん選者です。
【コメントの仕方】
@各詠草欄の下の「comment」ボタンをクリックすると、各詠草の下にコメントフォームがひらきます。
Aお名前(出詠名)とコメントを入力して「書き込む」ボタンをクリックしてください。
メールアドレスやホームページ欄は入力しないでください。
コメントの内容を確認したい場合は「確認する」ボタンを押して、
内容をご確認後、「書き込む」ボタンをクリックしてください。
ご自身の選歌された歌以外にもコメントして結構です。
その歌のどこがよいと思ったか、意味が取りづらいと思ったのはなぜか……など、
コメントしていただけたら、と思います。

*次の行為は固くお断りいたします!*
・他人の誹謗中傷
・あまりに厳しすぎる批評
・短歌と無関係の投稿および営利活動
・違法行為や公序良俗に反する迷惑行為
ご質問やご意見は詠草提出と同じアドレスにお願いいたします。
重要な問題につきましては編集委員会で判断いたします。

☆自分が好きだと思った歌について一言でも二言でもいいので、
 ふるってコメントをお寄せくださいますようお願いいたします!
posted by かりんネット歌会 at 17:09| 連絡事項

1〜3番の歌

1〜3番の歌にコメントお願いします。

 1 赤赤と灯るランプをくわえたる鬼の界へと誘う銅閣

 2 赤々と燃える朝市ふるさとの神戸よみがえりすぐテレビ消す

 3 赤き血を流す兎のようなひと死んでネットの森の狩りは終わりぬ


posted by かりんネット歌会 at 17:09| Comment(1) | 詠草

4〜6番の歌

4〜6番の歌にコメントお願いします。

 4 赤児とも緑児とも呼ばるる君の地球のごとき瞳を見つむ

 5 赤ちゃんがすとんと眠りに落ちる時ちひさな指は総くれなゐに

 6 赤の持つ呪術の力を身につけよ友らがくれし還暦パンツ


posted by かりんネット歌会 at 17:08| Comment(3) | 詠草

7〜9番の歌

7〜9番の歌にコメントお願いします。

 7 あぜ道の風をたどれば赤まんまぽろぽろこわい記憶を拾う

 8 幾度ものあなたの嘘も煮詰めよう真っ赤なベリーのジャムになるよう

 9 色を知らぬ人に教ふるならばその胸の奥にて脈打てる赤


posted by かりんネット歌会 at 17:08| Comment(5) | 詠草

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

 10 重い朝マグに残った口紅が赤いハートだ きっといい日だ

 11 木々がみな赤くなる頃誕生日迎える君の名には明の字

 12 暮れがたの津波まだ見ぬ元旦の蟹の爪先みな赤かりき


posted by かりんネット歌会 at 17:07| Comment(6) | 詠草

13〜15番の歌

13〜15番の歌にコメントお願いします。

 13 剣山のごときおしべを突き刺して赤椿の火雪を燃やしぬ

 14 コンクリのビル影に咲く冬の赤そこだけ温度の上がる気がして

 15 こんなにも小さき母に赤とんぼ汝(なれ)の後ろの正面だあれ


posted by かりんネット歌会 at 17:07| Comment(4) | 詠草

16〜18番の歌

16〜18番の歌にコメントお願いします。

 16 再試験再々試験その上に下駄を履かせし赤き鉛筆

 17 「サンタさん」すれ違いざま子は呼びぬ赤いコートも着ておらぬ吾を

 18 蛇口から滴る水に赤い舌 猫は留(とど)まらないもの愛す


posted by かりんネット歌会 at 17:06| Comment(2) | 詠草

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントお願いします。

 19 出張の多さを君に咎められそっと差し出す「赤福」大使

 20 春泥につけ爪一つぬらぬらと赤銅色の瞋恚(しんい)を燃やす

 21 少しでも残すは無駄と人参がホワイトシチューをまっ赤に染める


posted by かりんネット歌会 at 17:05| Comment(2) | 詠草

22〜24番の歌

22〜24番の歌にコメントお願いします。

 22 背中合う危険の色か身を守(も)るかわたしの身内(なか)をつねめぐる赤

 23 中学のころヤンキーに赤兎馬と呼ばれて夜を駆けたチャリンコ

 24 追儺式赤鬼青鬼暴れたり方相氏来て追い払わるる


posted by かりんネット歌会 at 17:05| Comment(0) | 詠草

25〜27番の歌

25〜27番の歌にコメントお願いします。

 25 曇天も母の家へと行く朝赤いマフラーぎゅぎゅっと巻きぬ

 26 昼メシに金曜と知るカレー喰うあと一回で赤道越えだ

 27 頬はつか赤らめ遠き日の恋を語る可憐な八十歳はも


posted by かりんネット歌会 at 17:04| Comment(2) | 詠草

28〜30番の歌

28〜30番の歌にコメントお願いします。

 28 ほの赤くかすかに透けた柔肌の君はふしぎな果実なんだね

 29 滅びゆく赤色巨星は冬の雄 まはる地球に季節は巡る

 30 リストカットや場所にかつてまつ赤な血が流れてゐたり 鳩は来たのか


posted by かりんネット歌会 at 17:04| Comment(0) | 詠草

選歌投票結果の発表

お待たせしました、投票数の発表です。

 1  3票 赤赤と灯るランプをくわえたる鬼の界へと誘う銅閣
 2  1票 赤々と燃える朝市ふるさとの神戸よみがえりすぐテレビ消す
 3  1票 赤き血を流す兎のようなひと死んでネットの森の狩りは終わりぬ
 4  6票 赤児とも緑児とも呼ばるる君の地球のごとき瞳を見つむ
 5  5票 赤ちゃんがすとんと眠りに落ちる時ちひさな指は総くれなゐに
 6  7票 赤の持つ呪術の力を身につけよ友らがくれし還暦パンツ
 7  2票 あぜ道の風をたどれば赤まんまぽろぽろこわい記憶を拾う
 8  9票 幾度ものあなたの嘘も煮詰めよう真っ赤なベリーのジャムになるよう
 9  5票 色を知らぬ人に教ふるならばその胸の奥にて脈打てる赤
10  9票 重い朝マグに残った口紅が赤いハートだ きっといい日だ
11  3票 木々がみな赤くなる頃誕生日迎える君の名には明の字
12  6票 暮れがたの津波まだ見ぬ元旦の蟹の爪先みな赤かりき
13  8票 剣山のごときおしべを突き刺して赤椿の火雪を燃やしぬ
14  5票 コンクリのビル影に咲く冬の赤そこだけ温度の上がる気がして
15  4票 こんなにも小さき母に赤とんぼ汝(なれ)の後ろの正面だあれ
16  1票 再試験再々試験その上に下駄を履かせし赤き鉛筆
17  4票 「サンタさん」すれ違いざま子は呼びぬ赤いコートも着ておらぬ吾を
18  8票 蛇口から滴る水に赤い舌 猫は留(とど)まらないもの愛す
19  5票 出張の多さを君に咎められそっと差し出す「赤福」大使
20  5票 春泥につけ爪一つぬらぬらと赤銅色の瞋恚(しんい)を燃やす
21  1票 少しでも残すは無駄と人参がホワイトシチューをまっ赤に染める
22  2票 背中合う危険の色か身を守(も)るかわたしの身内(なか)をつねめぐる赤
23  2票 中学のころヤンキーに赤兎馬と呼ばれて夜を駆けたチャリンコ
24  1票 追儺式赤鬼青鬼暴れたり方相氏来て追い払わるる
25  5票 曇天も母の家へと行く朝赤いマフラーぎゅぎゅっと巻きぬ
26  5票 昼メシに金曜と知るカレー喰うあと一回で赤道越えだ
27  4票 頬はつか赤らめ遠き日の恋を語る可憐な八十歳はも
28  6票 ほの赤くかすかに透けた柔肌の君はふしぎな果実なんだね
29  2票 滅びゆく赤色巨星は冬の雄 まはる地球に季節は巡る
30  0票 リストカットや場所にかつてまつ赤な血が流れてゐたり 鳩は来たのか


posted by かりんネット歌会 at 17:03| 選歌票数結果

2024年02月11日

詠草一覧・選歌案内

令和6年第2回のかりんネット歌会には、30首が寄せられました。
今回もたくさんのご応募ありがとうございます!
さて、ここからが本番です。
それでは、これから次の順で進めさせていただきます。

@選歌投票(2月17日まで):出詠されたeisoのアドレス宛に、@氏名、Aよいと思った歌5首の番号、をお送りください(投票受領の返信は省略させていただきます)。投票結果はコメント前に公表します。
A各歌についてのコメント(2月18〜28日):一気に行います!
B全体的コメント:編集委員、選歌委員のコメント・アドバイス。
C作者名発表:2月29日の予定です。

★ご注意 コメント欄に歌の投稿、選歌をしないようにお願いします。
必ず、以下の送付アドレスまでお願いいたします。
web_kakai_eisou★karinnokai.net(★を@に変えてください)

        詠草一覧(カッコ内は直前の語のふりがなです)

 1 赤赤と灯るランプをくわえたる鬼の界へと誘う銅閣
 2 赤々と燃える朝市ふるさとの神戸よみがえりすぐテレビ消す
 3 赤き血を流す兎のようなひと死んでネットの森の狩りは終わりぬ
 4 赤児とも緑児とも呼ばるる君の地球のごとき瞳を見つむ
 5 赤ちゃんがすとんと眠りに落ちる時ちひさな指は総くれなゐに
 6 赤の持つ呪術の力を身につけよ友らがくれし還暦パンツ
 7 あぜ道の風をたどれば赤まんまぽろぽろこわい記憶を拾う
 8 幾度ものあなたの嘘も煮詰めよう真っ赤なベリーのジャムになるよう
 9 色を知らぬ人に教ふるならばその胸の奥にて脈打てる赤
10 重い朝マグに残った口紅が赤いハートだ きっといい日だ
11 木々がみな赤くなる頃誕生日迎える君の名には明の字
12 暮れがたの津波まだ見ぬ元旦の蟹の爪先みな赤かりき
13 剣山のごときおしべを突き刺して赤椿の火雪を燃やしぬ
14 コンクリのビル影に咲く冬の赤そこだけ温度の上がる気がして
15 こんなにも小さき母に赤とんぼ汝(なれ)の後ろの正面だあれ
16 再試験再々試験その上に下駄を履かせし赤き鉛筆
17 「サンタさん」すれ違いざま子は呼びぬ赤いコートも着ておらぬ吾を
18 蛇口から滴る水に赤い舌 猫は留(とど)まらないもの愛す
19 出張の多さを君に咎められそっと差し出す「赤福」大使
20 春泥につけ爪一つぬらぬらと赤銅色の瞋恚(しんい)を燃やす
21 少しでも残すは無駄と人参がホワイトシチューをまっ赤に染める
22 背中合う危険の色か身を守(も)るかわたしの身内(なか)をつねめぐる赤
23 中学のころヤンキーに赤兎馬と呼ばれて夜を駆けたチャリンコ
24 追儺式赤鬼青鬼暴れたり方相氏来て追い払わるる
25 曇天も母の家へと行く朝赤いマフラーぎゅぎゅっと巻きぬ
26 昼メシに金曜と知るカレー喰うあと一回で赤道越えだ
27 頬はつか赤らめ遠き日の恋を語る可憐な八十歳はも
28 ほの赤くかすかに透けた柔肌の君はふしぎな果実なんだね
29 滅びゆく赤色巨星は冬の雄 まはる地球に季節は巡る
30 リストカットや場所にかつてまつ赤な血が流れてゐたり 鳩は来たのか

posted by かりんネット歌会 at 10:53| 連絡事項

2024年02月01日

かりんネット歌会 vol.2

少しずつ春の気配も感じられるような、そんな風が吹きました。
令和6年の第2回ネット歌会は、次の要領で開催いたします。

詠草募集期間:2月1日〜10日
作品一覧発表:2月11日(作者名はまだ伏せてあります)
選歌投票:2月11日〜17日(出詠者のみ・一人5首)
得票数発表:2月18日
鑑賞・批評期間:2月18日〜28日
作者発表:2月29日
※出詠数により変更の可能性がありますが、適宜ご案内いたします。
題は「赤」です(漢字詠み込み必須!)。
経験者の方、初めての方もふるってご参加ください。
多くの会員皆様のご参加をお待ちしております。

《なお、参加される方は投票及び歌評をぜひお願いします!》

詠草を送られる際は
メールの件名を「かりんネット歌会詠草」とし、
本文に「@氏名 A所属欄 B詠草」を記載のうえ、
以下の送付アドレスまでお願いいたします。
web_kakai_eisou★karinnokai.net(★を@に変えてください)

【かりんネット歌会の注意事項】 *必ずよくお読みください。
● 詠草およびコメント提出の際は、かりん誌誌面で使われているお名前を
 お知らせください。
● 参加者が以下のような行為を行った場合、参加資格を停止いたします。
 ・盗作など創作上のルール違反(本歌取りを含まず) ・他人の誹謗中傷
 ・短歌と無関係の投稿および営利活動 ・違法行為や公序良俗に反する迷惑行為
● ネット歌会において発表した作品は、すべて「既発表」となります。
 したがって、ネット歌会に出した作品は、以後、新聞・雑誌などで新作として発表することは
 原則許されません。例外として、ネット歌会において発表した作品は、その後で「かりん」誌上で
 発表しても構わないことといたします。

(かりんネット歌会運営係:中山洋祐、辻聡之)
posted by かりんネット歌会 at 21:44| 連絡事項

2024年01月18日

作者一覧を発表いたします。

「かりんネット歌会2024 vol.1」

1  入れる具やソースの味で盛り上がるこだわり強めのたこ焼きパーティー 早川成美
2  とし重ね雑煮もやうやく宥和せりまる餅かく餅白みそお出汁 竹内幹夫
3  皮付きのまま大根をブツ切りす娘のおでん奇妙にうまい 田浦 将
4  悲を置きぬ 湯引きの鱧にねっとりのぬたをからめる七七日なり 橘 まゆ
5  こんな日は白菜豚バラ繰り返し無心に重ねてミルフィーユ鍋 槙 奈々帆
6  朝なさな小さき畑より青菜摘み浮かばす味噌汁けふが始まる 梅原秀敏
7  伝えたいコトバマシマシキモチマシ二郎系には背あぶらを足す 東洋子
8  二日目は鮭雑煮なり大空襲逃れし母の疎開の記憶 若槻真美子
9  大晦日家族で囲むすき焼きはしあはせの味噛めばじわりと 蚫谷定幸
10 大皿のグラタンぬわーんと取り分けしチーズ多めの母のレシピの 佐藤まれよ
11 「オムライスを食べてる時のあなたが好き」と言う時の君がオレは好きだな 福島隆史
12 焼鳥を串からひとつ外しつつ聴いてる言葉が私に刺さる 広里 ふかさ
13 つきだしのいかの塩辛親爺の顔今宵の煮付けは金目鯛なるや 夏目たかし
14 絶対に好きにはなれぬと思いしがカキフライ旨し大人の舌に コ力聖也
15 温かい豚汁能登の被災者に余震鎮めや祈りを込めて 山下騰子
16 混ぜそばをぐるぐる混ぜる 哀しみは時間を経ても癒ゆることなく 古河惺
17 ガス代と時間をかけた少し濃い自炊のカレーが今のうちの味 小田切拓
18 ソーキそば三枚肉に中身汁生命(いのち)を愛でて食ぶる正月 山口徳誠
19 コンビニは年が変わってもコンビニで恵方巻の幟立つ松の内 東山研司
20 とんとんと人参牛蒡細く切る金平牛蒡は瞑想タイム 中野富美子
21 表面をカリっと焼くのがポイントですタレは甘めのぶりの照り焼き 小松佳奈
22 一人前のさびしい雑煮を作る朝 ひとりで出来る仕合わせを知る 檜垣実生
23 亡き人のこころに酒を雑煮を供えればこの世の庭に朱色の花咲く 中山洋祐
24 幾たびもはるかぜを浴び雪に重りカルボナーラのやうなる恋よ  遠音
25 アンケートにビーフストロガノフが得意だと答えても子は餃子と書きぬ 服部明日檜
26 4年ぶり子ども食堂カレーの日鬱金馬芹辛子子の笑み混ぜ 丘の紫陽花
27 グリーンのカーテンに実は鈴生りに夕餉は今日もゴーヤチャンプル 吉村享子
28 くらがりを歩きつかれし夜の卓に月のごとかる蟹玉を呼ぶ 辻聡之
29 ケチャップを使わぬ元祖ナポリタン発祥の地とふ横浜にて愛づ 横田博行
30 オムレツのはずがスクランブルエッグ何か問題ありますかしら 岩舘美歩


歌会ご参加(出詠・コメント・観覧)の皆様、ありがとうございました。

この記事にはコメント欄を設けますので、言い残したことや感想などにお使いください。
2024年2月のネット歌会につきましては、明日、ご案内いたします。
(現在の記事はあと一月ほど公開いたします)
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(0) | 作者・詠草一覧

28番〜30番の歌

28番〜29番の歌にコメントお願いします。

28 くらがりを歩きつかれし夜の卓に月のごとかる蟹玉を呼ぶ 
29 ケチャップを使わぬ元祖ナポリタン発祥の地とふ横浜にて愛づ
30 オムレツのはずがスクランブルエッグ何か問題ありますかしら  
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(13) | 詠草

25〜27番の歌

25〜27番の歌にコメントお願いします。

25 アンケートにビーフストロガノフが得意だと答えても子は餃子と書きぬ
26 4年ぶり子ども食堂カレーの日鬱金馬芹辛子子の笑み混ぜ 
27 グリーンのカーテンに実は鈴生りに夕餉は今日もゴーヤチャンプル 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(6) | 詠草

22〜24番の歌

22〜24番の歌にコメントお願いします。

22 一人前のさびしい雑煮を作る朝 ひとりで出来る仕合わせを知る 
23 亡き人のこころに酒を雑煮を供えればこの世の庭に朱色の花咲く 
24 幾たびもはるかぜを浴び雪に重りカルボナーラのやうなる恋よ 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(7) | 詠草

19〜21番の歌

19〜21番の歌にコメントお願いします。

19 コンビニは年が変わってもコンビニで恵方巻の幟立つ松の内 
20 とんとんと人参牛蒡細く切る金平牛蒡は瞑想タイム 
21 表面をカリっと焼くのがポイントですタレは甘めのぶりの照り焼き 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(6) | 詠草

16〜18番の歌

16〜18番の歌にコメントお願いします。

16 混ぜそばをぐるぐる混ぜる 哀しみは時間を経ても癒ゆることなく 
17 ガス代と時間をかけた少し濃い自炊のカレーが今のうちの味 
18 ソーキそば三枚肉に中身汁生命(いのち)を愛でて食ぶる正月 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(9) | 詠草

13〜15番の歌

13〜15番の歌にコメントお願いします。

13 つきだしのいかの塩辛親爺の顔今宵の煮付けは金目鯛なるや 
14 絶対に好きにはなれぬと思いしがカキフライ旨し大人の舌に 
15 温かい豚汁能登の被災者に余震鎮めや祈りを込めて
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(5) | 詠草

10〜12番の歌

10〜12番の歌にコメントお願いします。

10 大皿のグラタンぬわーんと取り分けしチーズ多めの母のレシピの 
11 「オムライスを食べてる時のあなたが好き」と言う時の君がオレは好きだな 
12 焼鳥を串からひとつ外しつつ聴いてる言葉が私に刺さる 
posted by かりんネット歌会 at 00:00| Comment(15) | 詠草